仙台でがん治療を行う際に抗がん剤治療が必要となります。抗がん剤治療は、内服や注射によって全身にくまなく抗がん剤を行き渡らせることにより、全身に広がる可能性のあるがん細胞や、すでに他の部位へ転移している、全身に広がっていると考えられるがん細胞を治療するものです。がんの種類によっては、初めての治療法として抗がん剤治療を行うことがあります。また、手術や放射線と組み合わせて抗がん剤治療を行うことや、がんを小さくするために手術の前に抗がん剤治療を行うこともあります。抗がん剤治療は全国どこの病院でも導入しておりガン治療をするにあたって抗がん剤治療はどの治療よりも先に考えられる治療です。抗がん剤治療はとても効果的な治療と言われていますが多くの副作用が出てくる場合があります。しかし、その副作用は薬が効いているということなので安心して治療を受けましょう。

仙台でがん治療を行う際の抗がん剤について

仙台でのがん治療に引き入れられる「抗がん剤」は、その作用の仕方、作用する部位などによって、いろいろな種類に分かれます。いわゆる「抗がん剤」とは、がん細胞の細胞分裂に働き、がん細胞の増殖を妨げ、細胞が成長するのに必要な成分を作らせない、過剰に産生させてがん細胞の死滅を促す「化学療法」のことを言います。この他にも、ある特徴を持ったがん細胞を攻撃する分子標的薬や、体内のホルモンの影響を受けて増加するがんに対しては、そのホルモンを調節することによりがん細胞の増加を抑えるホルモン療法なども、抗がん剤に含まれます。抗がん剤の多くは体のなかの正常な細胞にも作用するため、それが副作用となって現れてきます。化学療法は、分子標的薬やホルモン療法に比べて、一般的に副作用が強いのが特徴です。

仙台エリアでがん治療する際の注意点

仙台でがん治療する際、抗がん剤の点滴は腕の静脈や中心静脈という血管に、プラスチック製の軟らかい針や、カテーテルと呼ばれる細いチューブを挿入します。この軟らかい針やカテーテルに、点滴用の管をつけて点滴をはじめます。点滴は、無理のないリラックスした体勢で治療を受けます。点滴の間、体や腕を動かさずにいる必要はありませんが、腕の静脈に針を挿入している場合、体や腕を動かすことによって点滴の針が抜けやすくなることがあります。また、腕の静脈から点滴する場合針は、血管外に漏れにくい静脈留置針を使っているので、腕を動かしてしまい簡単に針が抜けてしまったり、点滴が漏れたりということはあまりありませんが血管が細くて針が入りにくいときや、血管壁がもろくて弱いようなときには漏れることもあります。