がん治療をする際の病院選びのひとつの方法はその病院の治療実績を参考にするという方法があります。まず日本にはがん診療連携拠点病院と地域がん診療連携拠点病院という厚生労働省に指定されている病院が存在します。全国にありますので、もちろん仙台にもあり、同質の質の高い治療を受けることが出来ます。国立がんセンターが提供しているサイトがん情報サービスのサイトを使用すると便利です。このがん診療連携拠点病院であれば、その病院のホームページでがんの治療実績を公開していますので、簡単に確認できます。がんの種類別の年間の患者数や手術数、治療実績を公開していますので、自身のがんの種類のところでより経験が多いと判断できます。実績とは別に自身との相性もありますので、治療機関の長い病気です。自分が納得のいく病院選びをすべきです。

仙台でがん治療の病院を選ぶ時に気を付けたいこと

自分や家族にがんが見つかった場合にどこで治療するのかは大きな問題です。なぜなら日本人の死因トップががんだからこそ、その判断が生死を分けることになるからです。がん治療に有効な病院を選びたいと思います。そこで注意したい点がいくつかあります。国立がん研究センターが公表している全国にあるがん拠点病院のデータです。そこにはがんの種類別の患者数など具体的な数字が一覧になっており、注目すべきは症例数や手術数の多さです。これはひとつの目安として経験の豊富さを示します。次に見るべき点は五年生存率です。これはその病院の実力を示す目安になります。この数字が百パーセントなら治療後5年の患者が全員生存していることを指し、逆にゼロなら全員亡くなっていることを指します。仙台で病院選びをする際も必ず上記のことを確認します。

仙台近郊でがん治療できる医療施設

仙台のがん治療に関する医療行為が受けられる場所としては、まず国が指定しているがん診療連携拠点があります。専門的な医療を行うとともに、他のがん診療を行う医療機関との連携構築を目的とした医療機関です。手術はもちろん、化学療法、放射線治療等の一定の要件を満たした施設をがん診療連携拠点病院と指定されます。仙台を含む宮城県には7病院が整備されています。また相談支援センターは宮城県内にあるがん診療拠点病院の施設内や病院外の施設にあります。がんに関する治療、またその費用、今後の生活についての質問や相談に応えて貰えます。そのほか治療法のひとつである放射線療法は施設によりできる場所とできない場所がありますので、あらかじめ確認しておくとよいです。また緩和ケアといい痛みを緩和するケアもその病床がある医療機関が県内にあります。